オーディオボード

2017年10月31日更新 

Facebook
ムカイ株式会社 ムカイ株式会社


なお現在の在庫がなくなり次第,オーディオアクセサリーの販売は終了させていただきます。

なお在庫がありましても、検品等で傷、磨きムラ等の不具合品がある場合がありますのでご了承ください。
販売価格は、10年前とほぼ同じ価格で販売していますのでご理解願います。

なお少しの瑕疵も許さないとお考えの方は、誠に恐れ入りますがお買い求めをお控えくださいますようお願いいたします。


オーディオアクセサリーの販売 HOME オーディオに戻る 運賃表 FAQ(よくあるオーディオボードの質問と答え) オーディオアクセサリー購入者の声


山西黒御影石


光明御影石(GR)

注文バスケットは、OSがウィンドウズにしか対応していませんのでマック、アイホ−ン等からの注文は、注文番号 枚数 支払い方法を備考欄に記載して送信してください。

折り返しメールにて返信させていただきます。

お電話での注文 フリ-ダイヤル0120-34-2685【平日9:00-16:00】

弊社と西濃運輸との提携によりカンガルー便にて1個の荷物の重さが20kgまでのものは全国700円で配達いたします。(離島、沖縄を除く)

代金引き換え手数料は400円です。

注文いただきましたらメールにて一番お得な運送方法と運賃を計算しましてご提案させていただきます。


西濃運輸ホームページ

現在特注品の製作はしていません まことに恐れ入りますが既製品サイズより選択してください。

共通仕様 ご注意

石材は、天然の石を手作業で加工していますので1枚1枚色や模様が違います。

オーディオボードには、一部の物を除き上面4方には3mm程度丸面取加工してあります。その他の角部分には1mm程度の糸面取加工です。
サイズの表示は、石の端部から端部までです。長さと厚さの誤差は、2mm以下に検品しています。

石は出荷時に、検品と水拭きしてエアーパッキンで包装して段ボールに梱包して出荷しています。光明御影石は、水拭時に水分を含んで黒ずんでいる場合がありますが、エアーパッキンをはがしていただき空気中に放置していただきますと2日ぐらいで白く乾燥します。

オーディオボードサイズ表(オーディオムカイ)


山西黒御影石(上面4方6mm程度丸面取加工してあります)

光明御影石(GR)

グレー御影石(GU)
注文 注文 注文 注文 注文 注文 注文 注文
サイズ 厚14、15mm 厚20mm 厚25mm 厚30mm 厚50mm,60mm 厚30mm,60mm 厚30mm 厚40mm
100x100 GR_6 \540
450X450 BL8\10,584
473X473 27mm厚 BL92\10,800 53厚 GU_14 27mm厚 \5,400
480X430 BL60\9,720
500X400 GR_9 \5,400
500X450 BL6\10,800 BL11\11,880 GR_10 \6,480 GU_23 \7,560
550X330 BL44\9,720
545X500 BL2\12,960
600X600 BL59\20,520
630X380糸面取 BL69\10,800
650X450 BL22\13,650
650X550 GU_42 \9,720
730X530 GU_28\10,800
750X510 GU_26\10,800
750X600 BL15\23,760
770X570 GU_27\11,880
800X450 BL14\19,440
800X600 BL64\24,840
900X600 GU_44 \10,800
商品へのこだわり
弊社は1995年5月より御影石をオーディオボードとして販売に取り組んでいます。

最初は、建築用床板として販売していましたがあるときオーディオマニアの方から御影石の平板は、オーディオ機器のアンダーボードとして最適な素材であると聞き及んだのが始まりです。

御影石オーディオボードを使うとオーディオ機器の電気の流れやモーターの回転による微妙な振動,波動が遮断されるので、スピーカーからの音がクリヤーに聞こえます。

オーディオボード発売以来いろいろな経験をして現在に至っています。 まず御影石は硬い 硬いものは加工するのは大変です。 人件費の高い日本で加工しては、高いものになってしまいますので弊社のオーディオボードはすべて中国で加工生産していて、在庫を持っていますので即納できます。宇都宮より700km圏内ですと今日注文を頂きますとあす配達も可能です。

建築用の御影石平板は、ほとんどが上1面又5面磨きがほとんどです。又厚さが2−3mmぐらいの誤差も多くオーディオボードとしては不適格です。
弊社もオーディオボードを始めたときは1面磨きからはじめました。それから5面磨きになり現在はすべてが6面磨きです。

普通は、どうせ見えないのだから裏側は良いと思われますがこれは大きな間違いです。裏側を磨いていない切り落としですと切断された部分がそのままで、微妙に裏側が段差になっている場合もあります。

また裏側と縦面の角部分がキザキザとなって面を取っていないと危険です。大切な住まいの床面を傷を付ける事にもなりかねません。

ただ裏の1面磨くためですがこの6面を磨くのは大変な手間と技術が必要なのです。鏡面な仕上げにするには研磨の砥石を8回ぐらい交換しながら仕上ますのですべての商品の厚さを同じに誤差1mm以下に仕上るのは簡単ではありません。 弊社の商品は幅と奥行きの長さの誤差は1mm以下に厚さの誤差は0.3mm以下に仕上げています。

最近は雨後の筍のようにオーディオボードの販売する方も多くなっています。又ホームセンターなどにも御影石は販売されています。弊社でも100X100X15の小さな商品も販売していますが、こんな小さな軽い物ほど商品化するのは御影石の場合は難しいのです。 小さな物は軽いから固定して磨かないと磨けないから大変なのです。

以前に弊社のオーディオボードを注文するときに、平面性の取れた物をと要求する方が居られました。 最初はよく気が付かなかったのですが良く聞いてみますと以前に、どこかのお店でオーディオボードを購入したら石が反っていたといわれました。

石は反らないですがたぶん切断するときに鋸の大きな物で水を掛ながら切断するのですが早く切ろうとしますと石が硬いので、鋸の刃先がにげてしまい、石の断面がカーブしたように切断されてしまうからそのような形になってしまったようです。

弊社のオーディオボードは何度か機械の定番としてご利用いただいたこともありますぐらい平面性には自信があります。

石の種類ですが石は地球上のいたるところで採掘されています。
日本でも御影石は兵庫県の御影で採掘されたので御影石となつけたものだと思います。
真壁石は茨城県の真壁 栃木県にも宇都宮市大谷で採掘された大谷石があります。

中国にも黒い石で山西黒(さんせいくろ)というのがあります。これは中国の北のほうの山西省(さんせいしょう)で採掘されるのでこの名前が付いたのですが日本の石材商社や問屋さんが他社との差別化のために勝手に名前をつけて、いかにもこれは違う物のように販売している業者も居られます。

このような話は別に石材業者だけではありませんが